TK and RyoN
二人組ギターデュオ TK and RyoN のブログです♪
プロフィール

TK&RyoN

Author:TK&RyoN
二人組ギターデュオ TK and RyoN です!!
(2012年1月1日にKaffeeKlatschから改名しました)
日々の徒然やライヴ情報、歌詞などを掲載しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


報酬は入社後、並行線で
東京は愛せど (シャドウっ!!!)
なにーもなーいー

リッケン620頂戴!!!!!!!!




どうも、丸の内虐待狂です。

TKです。





今日は午前中は就活の説明会で、都内某所に行って参りました。

すげーでけー建物だたよ。
ちょーきれーだたよ。
完全にワタシ場違いだたよ。


すれーちがってー
いきーちがって
ばちがーって
まちーがってー




いつも都内に行くと思うんですが



いつまで経っても東京メトロが把握できない。




銀座線終電何時ー?
さして問題じゃないかー
何にもイ―と思えなーい



みたいな。





まぁ今日乗ったのは、丸ノ内線ですけどね。


そりゃもう、乗った瞬間
ウォークマンで椎名林檎『丸の内サディスティック』爆音再生だよね




本当に名曲だと再確認。

デビューアルバムでこの曲はもうずるいとしか。。

シングルカットしてないのがまたいい。


『無罪モラトリアム』に収録されてる原曲は
ピアノ、ベース、ドラム、鍵盤ハーモニカっていうシンプルな構成なんだけど
これがまたカッコよすぎるわけさ。

やっぱり
歌の強さとメロディの良さがあれば、楽器は最小限に抑えられる。

ポップスにおける名曲の鉄則だと思う。



それと同時に
そういう曲は、どんなアレンジをしても成り立つし、いろんな魅せ方ができる。


というわけで
春休みな人は是非聴き比べてみてください。






全部が全部、素敵。

ちゃんとしっくりくるし、それぞれの良さがある。








今日は、説明会の後は
レコーディングに向けてKaffee2人でプリプロ作業をしていました。

やっぱりね

“ギターと歌だけでも十分聴かせられる”

そして

“自分自身が感動できるものを作る”

それをモットーにやっていきたいと再確認しました。




今回録る曲は、Kaffeeの曲の中でもそういう曲を中心に選んでます。


アルバムだから変化球な曲とか、曲間の繋ぎ的要素になる曲もあるけど
そういう曲に関しては、とことん挑戦します。

今日のプリプロで、とある曲の全体像が見えてきたんだけど
物凄く感動しました。
この段階で涙が出そうになった。

間違いなく、素敵な曲になるよ。


自画自賛してるみたいかもしれないけど。
でも、とことん自己満できる音源を作るつもりです。

自分が聴いて満足できない作品なんて作る意味ないもの。




そして
自信を確信に変えるものは、リスナーの皆さんの声です。


だから、新しいアルバムができたら
是非、手にとって聴いて頂いて、率直な感想を教えてほしいです。





まぁまだプリプロの段階なんですが…

んなわけで明日も頑張ります♪



アルバム楽しみにしててね!



--------------------------------
*次回のライヴ*
2/22 mon
「ハミングバード」@横浜Club Lizard
17:30start / 1000yen +1D
※出演順未定


----------------------------------
↓ストファイ参戦中↓
一日一回のネット投票にご協力ください!!



-----------------------------------
3man live
「花詩喫茶~HanaUtaKaffee~」

↓イベントHPにてチケット予約受付中↓
http://mb.minx.jp/hanautakaffee




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kaffeeklatsch.blog117.fc2.com/tb.php/534-58b1d4dd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。