TK and RyoN
二人組ギターデュオ TK and RyoN のブログです♪
プロフィール

TK&RyoN

Author:TK&RyoN
二人組ギターデュオ TK and RyoN です!!
(2012年1月1日にKaffeeKlatschから改名しました)
日々の徒然やライヴ情報、歌詞などを掲載しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日のライヴ&素敵な発表
こんばんは、またまたTKです。

去る9月25日、下北沢cave-beにて、武田由比としてソロ弾き語りライヴをやってきました。


昨日から、大学の新学期が始まったんですが、先日のライヴは、夏休み中に4回やったうちの最後のソロライヴとなりました。

僕にとって一つの区切りとなるようなライヴにしたかったので、他3回のライヴで自分が学んだ事、お客様からのご意見・ご感想を参考にして、あらゆるチャレンジをしてみました。

セットリストや、曲の構成、MCでの話し方や内容、唄い方などなど…。

全部完璧にできたわけではないけど、毎回チャレンジしてた事を、最後の最後でやっとカタチとして表す事ができたと思います。


そういう意味では、とても満足の行くライヴができたと思います。


ある種の達成感を味わうことができました。


それも、見に来てくださったお客様があってこその成果だったと思います。

正直に意見を言ってくれる方々には、本当に感謝しています!!


これからも、もっともっと素敵な曲が作れるように
素敵な歌が歌えるように
素敵なライヴができるように
頑張って行きたいと思いますので、よろしくお願いします!!



さて、ここで嬉しい発表があります。



ついに、KaffeeKlatschでのライヴが決まりました!!

実質的には2回目のライヴとなりますが、ライヴハウスでやるのは初です。


★10/15 mon.★
『ROCK GENERATIONS vol.1』
@下北沢cave-be
act=Flatter/Kaffe Klatsch/and more...
open/start=18:30/19:00
charge 1,800yen

■cave-be official site■




まだ詳しい事は決まっていませんが、とりあえず、RyoNとTKの二人でライヴをやるので、皆様、お時間ございましたら、是非遊びに来て下さい★


チケット代が1800円で、少々高いので、値下げも考慮したいと思います。


詳細が決まり次第、このブログにUPするので、是非チェックしていただけると嬉しいです♪


よろしくお願いします!





スポンサーサイト

KaffeeKlatsch in Yokohama
こんばんは、TKです。

今日は、Ryonと二人で横浜でKaffeeKlatschしてきました。

そもそも、“KaffeeKlatsch”とはどういう意味かというと、
ドイツ語で“カフェでのくだけたお喋り”だそうです。


僕たち二人は中学時代からの仲で、一緒に遊びに行くといつも、スタバやドトールなどのカフェで、コーヒーやココアを飲みながら軽いお喋りをするのが大好きでした。

今年の4月、このKaffeeKlatschというデュオを結成するに当たって、話し合いをした場所も横浜の小さなカフェでした。

スタジオ練習が終わった後にミーティングをするのもカフェです。


僕たちはこうやって、いつもカフェという場所でリラックスした状態でお喋りをする中で、曲の案を出したり、一緒に詩を書いたり、自分達の歩む道について考えています。

そんな中で生まれた名前が“KaffeeKlatsch”でした。


一見、カフェでくだらないお喋りを延々と続けているだけかのようでも、実は、僕たち二人にとってKaffeeKlatschはとても重要なことなのです。

リラックスした状態だからこそ、逆にシビアな話ができる。
これって、すごく素敵です。

電話だと顔が見えないし、メールだともっと伝わりにくい。
もし、どこか密室にこもって、或いは静かすぎる場所で話し合いをしたら緊張感が高まって言い出せなくなる事もあるかもしれないけど、カフェという空間では本音で話せる。

それはきっと、長年の付き合いの中で、この空間で過ごす時間が多かったという理由もあると思う。


1人で部屋にこもって曲を書くのも良いけど、もっともっとKaffeeKlatschの時間も増やして、自由な発想で音楽を作って行きたいと思います。


そしてもう少し言うと、音楽のことだけじゃなく、お互いについて知ることができるのもKaffeeKlatschのお陰です。
ちょっとした会話の端々から、相手の気持ちがわかったりもするんです。

是非、皆さんも、色んな人とKaffeeKlatschしてみては如何でしょうか?
何か発見できるかも!

200709111717000.jpg



Naked-マルハダカ-
こんばんは!TKです。

8日(土)のライヴに来てくださった方、ありがとうございました!

4日のライヴの時にお客様に書いていただいたアンケートを基に、少し挑戦的なセットリストでやってみたのですが、またいろいろと曲作り・表現の面で課題がでてきたので、これからも頑張りたいと思います!


表現といえば、“音楽”は自分の中で最大の自己表現手段。

4日・8日と、2回ソロ弾き語りライヴを終えて思ったのは、アコギ1本・声ひとつで表現するのは、まさに“丸裸”にされた気分だなぁということでした。

自分の全てをありのまま表してしまう。
良い部分も悪い部分も。

そんな中、一方で恐怖心や羞恥心と、もう一方で爽快感を感じながら唄っている自分に気付きました。


とあるイギリスの映画俳優が
「普段、僕らは服を身にまとって生活していて、それが当たり前になっているから、服を脱ぎ捨てて自分の身体を曝け出してしまうことに恐怖心や羞恥心を感じるけれど、一方で僕は、ある種の爽快感を感じるんだ」
って言ってたのを思い出しました。
彼は、映画の1シーンで自分が裸になること、映画の中だからそれが人前で許されることに対して、そう感じると言っていた。

私は実際に服を脱ぐわけではないけど、自分の声とギター以外の一切の音が無くなった状態で、彼と同じような気持ちになった気がする。

自分自身以外のものがそこに存在しないからこそ、自分という存在が一気に見えてくる。

もちろん、KaffeeKlatschとしてバンドで演奏することが、飾りで誤魔化しであると言いたいわけではなくて、バンドでやればメンバー一人ひとりのハートとサウンドがコラボレーションして、絶対に1人では表現できないものが表現できるようになるから、素晴らしいことだと思う。

ただ、それ以前に、自分という存在が何であるのかを知るには、1人で唄うこともすごく大切なことだと思ったんです。


KaffeeKlatschの音楽が少しずつ見えてき始めた今日この頃ですが、皆さんの前で演奏できる日まで、もう少し自分自身を見つめる為、ソロ弾き語りでもライヴをやっていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします!!



では、ごきげんよう。

本日ライヴ…再会
こんばんは、TKこと武田由比です。

本日のライヴに来て頂いた皆様、本当にありがとうございました!!
まだまだ未熟ですが、皆様のご意見を参考にしつつ、成長して行けるように頑張りますので、是非、これからもよろしくお願いします!

KaffeeKlatschでのライヴは未だ少し先になりそうですが、随時告知いたしますので、よろしくお願いします!!


実は、今日はちょっとしたサプライズがありました。

まさかの再会。

ライヴが始まる前にカフェで一服していた時の出来事です。
私が中学生の頃、とあるレーベルのオーディションを受けた時に共に最終選考を受けたバンドの方と、偶然にも隣の席になり、約4年振りに再会しました。
驚いたことに、お互い覚えていて、昔話に花が咲き、なんと、その方が今日のライヴを見に来てくれました。

その方も、今でも音楽を続けているそうで、お互いオーディションには上手く行かなかった同士でも、瞳が生き生きとしていました。

なんだか、こういう出会いって、本当に素敵だなぁとつくづく思いました。

音楽を通して、たくさんの人と触れ合い、想いを共有できるって、本当に素晴らしい事です。

こういう瞬間に、“音楽やってて良かった”と実感します。

人間だから、好き嫌いはあるかもしれないけど、今まで出会えた全ての人に感謝し、これからもたくさんの出会いに期待して、自分の音楽人生を歩んで行きたいと思った一日でした。



20070905002849.jpg



【ブログ開設!!】
【ブログ開設!!】
Kaffee Klatschのブログを開設しました♪
RyoNとTKの二人で別々に更新して行きますのでお楽しみに!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。